medical insurance

公的医療保険の一つである国民健康保険

公的医療保険は国民皆保険制度の中で、国民全てが必ず加入をしなければならないとされるものです。

主に2種類が存在し会社員や公務員が加入する社会保険と、自営業者その他の国民が加入をしなければならない国民健康保険とがあります。

手厚いのは社会保険ですが、国民健康保険にも社会保険ほど手厚くないにしても、健康保険証を利用した自己負担3割の医療受診以外で、いろいろと利用出来る制度が存在しています。

高額療養費制度もその一つで、収入によって医療費の負担が抑制される制度もあります。

その他にも、埋葬料などのように完璧ではないにしても一定額の支給がなされるものもあるため、上手く利用していくことが求められます。

特に国民健康保険は市町村が運営するため、申請主義です。

尋ねなければ教えてくれませんので、情報収集を自ら行う癖がないとなかなか受給出来ないことがよくありますので注意しなければなりません。

なお、国民健康保険料の負担計算は、住民税の計算の延長で行われています。