medical insurance

医療保険の有用性

医療保険に加入すると以下のような4つのメリットがあります。

がんや高血圧疾患などの長期の入院が必要な病気になると高額な医療費が必要になるので医療費が払えないという事態に陥る可能性があります。

しかし、医療保険に加入しておけばそのような事態を避けることが可能です。

医療保険に加入していない場合は医療費は全額自己負担となるのでせっかく貯めた貯金を切り崩さなければいけなくなる可能性があります。

しかし、加入している場合は医療費が保険会社から支払われるので貯蓄を守ることができます。

病気がいつ治るかわからない時は仕事にいつ復帰できるのかわからないので体のことだけでなく経済的なことも不安になります。

しかし、医療保険に加入しておけば経済面での不安がなくなるので精神的に大分楽になります。

保険内容によっては医療費が全額支給されないこともありますが、大部分は支給されるので病気が長引いた場合でも非常に大きな助けとなります。

少子高齢化の進行により近年では社会保障費の財源が深刻な社会問題となっていますが、財源が不足すると医療費が引き上げられて自己負担額が大きくなる可能性があります。

もしそうなった場合でも医療保険に加入していれば自己負担額を抑えることが可能です。

以上のことから現在あまり貯蓄がない人や体調に不安がある人、自営業の人などは特に有用性が高いです。

逆に貯蓄が十分にある人や、会社の福利厚生によって、十分な保障を受けられる人などはあまり有用性が高くありません。