medical insurance

保険料と保障内容の特徴

病気になったときに備えて、若いうちから医療保険に加入する人たちが増えています。

またインターネットで申し込める商品も増えており、保険料は以前よりも割安になっています。

月々の保険料の相場は1500円から5000円の範囲内であり、加入する年齢によって大きく異なります。

特に保障がずっと継続する終身タイプの場合には、若いうちに加入することで、割安な保険料が高齢者になっても適用されます。

20代や30代の人が医療保険に入る場合には、月額2000円前後の料金プランを選ぶのが一般的です。

その多くがシンプルな保障プランであり、1回当たり60日までの入院に対応しており、1日当たり5000円の給付金がもらえる商品が標準的です。

しかし年齢と共に手厚い保障内容を求めるようになるので、40歳以降は1日当たり1万円の入院給付金がもらえる商品や、手術時の給付金が多い商品を選ぶ傾向も強まります。

更に心臓病や脳疾患などの、重大な疾病に対応したハイグレードな商品を選ぶ人も増えます。

そして近年注目されているのが、最大で1000万円が受け取れるような、高度先進医療に対応した特約付きの商品です。

低コスト運営を実現している保険会社が多いので、特約を付加した場合でも月額3000円程度の支払いに抑えることも可能です。

更に50歳以降の場合には持病がある人でも加入できる商品を選ぶ傾向が強く、その場合には入院保障を少なめにすることで、支払金額を減らすこともできます。