medical insurance

医療保険の仕組み

日本に住んでいる日本人のほとんどの人が医療保険に加入しています。

公的な医療保険である健康保険制度と、民間の販売している民間医療保険があります。

健康保険制度は「すべての人が最低限の医療を受けられるため」に設立されたもので、強制保険とも呼ばれています。

自営業者国民保険や社会保険という職種により加入する保険が変わってきます。

障害者保健など、一部の保険では負担が全くないものもありますが、基本的には病院などでかかった治療費の3割だけを負担すれば良いことになっています。

残りの7割は自分の加入している保険の他の人たちの支払ったお金で賄われています。

被保険者は、毎月一定額の保険料を支払っているので、そこから支払われるのです。

当然自分の給料からひかれた保険料も、同じ保険に加入している他の人の医療費として使われるという相互扶助の仕組みになっています。

それに対して民間の医療保険は、任意での加入となっています。

健康保険制度の保険だけでは賄えないようなガンアドの大きな病気が起こった時のために、自分で加入するものになります。

三大疾病に備えるもの、ガンに備えるもの、女性特有の病気に備えるものなど、保険会社が多くの種類のものを販売していて、公的な医療保険に比べると保障の手厚さなどによって保険料は大きく変わってきます。

現在では70%以上の人が、万が一の場合に備えて民間保険会社のものに加入しているとも言われています。

被用者保険・国民健康保険・後期高齢者医療制度に大別されています

病院で治療を受けた時、日本では窓口で本来払うはずの医療費の一部しか払っておらず、残りの医療費は公的な医療保険でまかなわれているのです。現在日本の... この続きを読む

公的医療保険の一つである国民健康保険

公的医療保険は国民皆保険制度の中で、国民全てが必ず加入をしなければならないとされるものです。主に2種類が存在し会社員や公務員が加入する社会保険と... この続きを読む

医療保険制度改革法が成立

国の抱える大きな問題の一つに年に40兆円にも上るといわれる医療費があります。これまで被保険者の費用負担割合の引き上げや診療報酬改定時の引き締めなど... この続きを読む